BLOGブログ

秋の花粉や乾燥に負けない!ドライアイ対策で目元のシワを予防

乾燥に負けない!ドライアイ対策で目元のシワを予防
急に夜の冷え込みが厳しくなってきましたね❗
冷えにともなって、空気の乾燥も気になってきましたね🍃

秋になると目のまわりがかぶれる、痒くなる、乾燥がひどくなる❗
という方はいらっしゃいませんか❓

9月から11月にかけては、ブタクサ・ヨモギなどの秋の花粉が飛散しますが……
埼玉大学大学院・王青躍教授によると、今年のブタクサの花粉量は例年の10倍だとか😳💦
参考:秋花粉「例年の10倍」 – テレ朝ニュース

また、11月から5月にかけては、大気汚染の原因となるPM2.5の濃度も高くなりやすいです💦

ちょうど今の時期は、複合的な原因で目のトラブルが起こりやすいんですね⚡
ひどい目の乾燥や、目と目の周りへの摩擦・刺激は、シワ・小じわ・ちりめんじわ・たるみの原因になりかねません😨

うるうるの瞳とシワを予防するため、今回は目の乾燥対策について書いてみます😊

加湿器で適度な湿度を保つ

乾燥して湿度が低い場所では、涙の蒸発量が増えて角膜が外気に直接触れてしまい、目が乾燥してしまいます💦

湿度は季節にもよりますが、50%前後が理想的だと言われています💡
乾燥対策だけでなく健康維持のためにも、適度な湿度を保つようにしましょう🌟

エアコンの風に直接当たらないようにする

寒いからとエアコンの風に直接当たってしまうと、目が乾燥してしまいます💦
可能であれば、送風口が顔や目に当たらないように調節してみましょう🌟

また、便利な風除けグッズも色々と発売されていますよ✨
エアーウィング(DAIAN)

パソコンの画面は目線より下に調節する

パソコンの画面を見上げるように見てしまうと、目を大きく見開くことになり、結果目が乾きやすくなってしまいます。
画面や椅子の高さを調節し、顔の正面〜少し下向きになるようにしてみましょう🌟

パソコン・スマホの画面はアンチグレア(ツヤ消し)

パソコンやスマホの画面には、表面がつやつやした「グレア(光沢)」と「アンチグレア(つや消し)」タイプがあります。
最近の画面は動画を美しく表示するため、光沢タイプが主流となっています。

光沢タイプは動画などがカラフルで鮮やかに見えるため、とっても人気✨
ですが、蛍光灯や日光が映り込み、目が疲れやすくなってしまうんです💦

可能であれば、非光沢・反射防止・アンチグレア・つや消しなどの画面を選ぶか、そういった目的のあるフィルムを張り込んで、目への影響を最小限にしてみましょう🌟

防腐剤なしの人工涙液タイプの目薬をさす

目の足りない水分は人工涙液タイプの目薬で補うという方法があります🌟
ただ、市販の目薬を大量にさすのは、防腐剤の悪影響が心配です💦
出来れば防腐剤の入っていないものを選びましょう🌟

ソフトサンティア(参天製薬)
ソフトワン点眼液(ロート製薬)

など……

蒸しタオルで目とその周囲を温める

目の周りが冷えると血行不良になり、乾燥・シワ・クマの原因に❗
目の周りを温めることで、凝り固まった筋肉を緩め、血行へ働きかけ、涙の蒸発を防ぐ膜の分泌をうながし、リラックスさせましょう💡
それによって、目の調節機能が回復し、眼精疲労軽減、ドライアイの改善に繋がりますよ🌟

蒸しタオルはレンジでチンするのがカンタンですが、あずきのチカラ(桐灰)という商品もありますよ🌟🌟🌟
使い捨てのホットアイマスクより経済的で、小豆の天然の蒸気なので香りにも癒やされます👍

あずきのチカラはお腹用や首肩用もあるので、ぜひ秋冬の温活に利用していただきたいです😊

目の食養生

目のトラブルを軽減するにはビタミンAがオススメ💡
こちらは脂溶性で多く摂りすぎると良くないので、サプリより食事で摂る方が安心ですよ😊

また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも良いですね✨
アントシアニンは花粉症対策にもオススメの成分なので、春や秋には積極的に取り入れたいですね❗

★ニンジン

ニンジンには、体内でビタミンAに変わるβカロチンが大量に含まれています✨
皮の部分に栄養があり、油で炒めてスープに入れたりすると更に吸収力が高まりますよ😊

★ウナギ

夏の土用で有名な鰻。
脂が乗って一番美味しい季節はちょうど今なんです✨
滋養強壮目当てで薬膳としても優秀なウナギは、ビタミンAだけでなく豊富なビタミンや栄養層を含んでいます😊
またコラーゲンたっぷりで、血も綺麗にしてくれるため、女性の美の味方でもあるんですよ💖

★紫色の食べ物

ベリー系・カシス・黒豆・ナス・ぶどう・紫芋などは、アントシアニンの宝庫✨
ですがこちらは加熱調理や冷凍保存に弱いと言われており、サプリで摂るほうが効率的⤴

寺澤では、北欧産ビルベリーが豊富なサプリを取り扱っておりますよ👍
気になる方は取り寄せますので、お声がけくださいね😊

目の乾燥やドライアイにオススメのツボ

★睛明

「睛」は目を指し、くもりが明るく晴れるような眼精疲労に万能のツボです👀
目元のシワ取りや澄んだ瞳を目指すならここ✨✨
また、目の充血・腫れ・かすみ目・ピクピクするような痙攣などに🌟

★天応(阿是穴

周辺を触ってみて、圧痛や違和感を感じる点を刺激してみてください👍
目の乾燥以外にも、眼精疲労・近視などに🌟

★四白

頬の血行を促し、筋肉を和らげます👍
目元だけでなく顔のむくみやたるみを改善し目を大きく👀
そしてくすみやクマや顔色改善にも🌟

一回押したらすぐ効く❗という訳ではなく、続けることが大切です😊
少しスマホを見る手を置いて、普段からツボ押しを心掛けてみてくださいね👍
円皮鍼を貼る場所としてもオススメです👍

ツボや鍼灸について分からないことは、お気軽に寺澤までお尋ねくださいね😊

もちろん、ドライアイや眼精疲労対策にはてらさわ式美容鍼もオススメです✨

・その人のその時の状態に応じてツボを選んで電気を流す美容鍼
・目の筋肉をゆるめる手技マッサージ(目につながる場所を刺激しますので、目以外にも施します)
・肌の奥に浸透する美容液の超音波導入

などで目と目の筋肉に働きかけて、内側から改善していきます😊

ドライアイや目のトラブルにお悩みの方、寺澤の美容鍼を受けてみたい❗
という方はお電話またはメールフォームまたはLINEでお気軽にご相談くださいませ😊

※効果には個人差がございます。

BLOG RANKING
/ クリックお願いします

鍼灸整骨と美容の複合院 寺澤 院長
寺澤 貴晴 -TAKAHARU TERASAWA-

国家資格 はり師・きゅう師・柔道整復師
日本メディカル美容鍼協会 認定鍼灸師
アンチエイジング美容鍼 研修修了
睡眠健康指導士・赤十字救急法救急員

鍼灸に関わる親戚が多く、伯父の影響で鍼灸師を志す。
鍼灸整骨院での経験を経て、2014年北加賀屋に開業。
健康を基本とした身体の中からの美しさを提案する。